お知らせ

定期航路復活へ社会実験

Still0628_00004

平成11年に廃止された、
大阪府岬町の深日港と兵庫県洲本市の洲本港を結ぶ
定期航路を復活させようと、3か月間にわたる、
旅客需要や採算性を調査する社会実験の運航が始まりました。

今回の社会実験は、
国土交通省の船旅活性化モデル地区を活用し、
岬町が3ヵ月の期間限定で高速船を試験運航するものです。
岸和田市の民間船舶会社が68人乗りの49トンの高速船を
深日、洲本間で1日4往復させ、岬町が利用者数など
ビジネスとして成立するかを検証します。

岬町まちづくり戦略室では、
災害発生時の支援対応や、深日港の活性化をめざし、
定期航路復活を目指したいとしています。

定期航路復活へ社会実験

定期航路復活へ社会実験

Pickup

  1. 01
    和歌浦漁業協同組合 横田邦雄副組合長に聞く

    万葉歌に詠まれた景勝地、日本遺産にも登録されている和歌の浦の海。 この海をベースに活動する和歌浦漁業…

  2. 01
    春を呼ぶ祭り 串本町 水門(みなと)祭

    紀南地方に春を呼ぶ「水門祭(みなとまつり)」が10日、串本町の大島で行われ、若者らが繰り広げる勇壮な…

  3. goro
    紀州日高の天然クエ鍋がグランプリ獲得

    テレビ和歌山のゆるキャラ「栄谷(さかえだに)五郎」です。今日は、とってもおめでたい話題をご紹介します…

  4. 01
    古式捕鯨とジオパーク 日本遺産「鯨とともに生きる」モニタ…

    平成28年に認定された日本遺産「鯨とともに生きる」のストーリーや場所を知ってもらおうというモニターツ…

  5. 01
    海を活かした観光振興 白浜観光協会 津多定副会長に聞く

    年間350万人の観光客を集める和歌山県白浜町。 万葉の昔からの歴史がある白浜温泉とともに人気なのが …

イベント

  1. 01
  2. 01
    まぐろ祭り
PAGE TOP