menu

年末年始を控えフェリーの安全点検

和歌山と徳島を結ぶ南海フェリーで、帰省客や旅行客など利用者が増える年末年始を前に、
安全点検が行われました。

和歌山港のフェリー乗り場では、近畿運輸局和歌山運輸支部と、和歌山海上保安部の職員
およそ20人が安全点検作業にあたりました。
職員は、フェリーの船内を回り、
南海フェリーの関係者から、インフルエンザなど感染症対策や、
避難誘導経路の確保などについて聞き取り調査をしました。
また、救命イカダや救命胴衣、消火器の設置などをチェックしました。
今日の安全点検では目立った違反は報告されませんでした。
南海フェリーでは、来年1月10日までの1ヵ月間に上下便でおよそ4万人の利用客を見込んでいます。

年末年始を控えフェリーの安全点検

年末年始を控えフェリーの安全点検

イベント名年末年始を控えフェリーの安全点検
PAGE TOP