お知らせ

定期航路復活へ社会実験

Still0628_00004

平成11年に廃止された、
大阪府岬町の深日港と兵庫県洲本市の洲本港を結ぶ
定期航路を復活させようと、3か月間にわたる、
旅客需要や採算性を調査する社会実験の運航が始まりました。

今回の社会実験は、
国土交通省の船旅活性化モデル地区を活用し、
岬町が3ヵ月の期間限定で高速船を試験運航するものです。
岸和田市の民間船舶会社が68人乗りの49トンの高速船を
深日、洲本間で1日4往復させ、岬町が利用者数など
ビジネスとして成立するかを検証します。

岬町まちづくり戦略室では、
災害発生時の支援対応や、深日港の活性化をめざし、
定期航路復活を目指したいとしています。

定期航路復活へ社会実験

定期航路復活へ社会実験

関連リンク

  1. 01
  2. 04
  3. ポスター
  4. 01
  5. 01
  6. 01

Pickup

  1. 01
    #06【Youtube動画公開】海の安全を守る!ライフセ…

    【ナショナルトラスト発祥の地「天神崎自然観察会」】Youtube動画を公開しましたhttps:/…

  2. 04
    #05【Youtube動画公開】さばける塾in和歌山県

    【ナショナルトラスト発祥の地「天神崎自然観察会」】Youtube動画を公開しましたhttps:/…

  3. ポスター
    海のPRコンテスト「うみぽすグランプリ2018」

    たのしいポスターで「海おこし」&「町おこし」  うみぽすは、地元の海に人を集めることを目的にした全員…

  4. 01
    海の安全を守る!ライフセーバー ベーシック講習会

    和歌山市の海水浴場で、 大阪ライフセービングクラブの主催する講習会が開かれました。 この講習会はライ…

  5. 01
    勝浦漁港に「にぎわい市場」完成

    日本有数の生鮮マグロの水揚げを誇る那智勝浦町の勝浦漁港に、町中の観光や地元特産品販売の拠点となる施設…

レポート

  1. 01
    海上保安の日 施設見学会
  2. goro
PAGE TOP