レポート

地域のブランド水産物の販売開始

01

和歌山県内の6つの漁協が、浜から直送する鮮魚を
ブランド化して販売する取り組みが
岩出市の産直市場などで始まりました。

和歌山市と海南市の6つの漁協等で構成される
和海(わかい)地区広域水産業再生委員会は、
地域で獲れる水揚げされたばかりの新鮮な海産物を
「和海(わかい)もん」と名前を付けてブランド化し
消費者に直接届けるという取り組みを始めました。

販売初日なった今日
岩出市の産直市場「よってって」には、今が旬の、カマスやイカ、
カレイやナマコ7などおよそ40種類の魚介類が並び
買い物客は、早速、試食して「和海もん」ブランドの味を確かめていました。

産直市場「よってって」では、
今後、取扱い店舗を増やすなど、販路を拡大する予定だと言うことです。

地域のブランド水産物の販売開始

地域のブランド水産物の販売開始

イベント名地域のブランド水産物の販売開始

関連リンク

  1. 01
  2. goro
  3. 01
  4. 01
  5. 01
  6. 01

Pickup

  1. 01
    #06【Youtube動画公開】海の安全を守る!ライフセ…

    【ナショナルトラスト発祥の地「天神崎自然観察会」】Youtube動画を公開しましたhttps:/…

  2. 04
    #05【Youtube動画公開】さばける塾in和歌山県

    【ナショナルトラスト発祥の地「天神崎自然観察会」】Youtube動画を公開しましたhttps:/…

  3. ポスター
    海のPRコンテスト「うみぽすグランプリ2018」

    たのしいポスターで「海おこし」&「町おこし」  うみぽすは、地元の海に人を集めることを目的にした全員…

  4. 01
    海の安全を守る!ライフセーバー ベーシック講習会

    和歌山市の海水浴場で、 大阪ライフセービングクラブの主催する講習会が開かれました。 この講習会はライ…

  5. 01
    勝浦漁港に「にぎわい市場」完成

    日本有数の生鮮マグロの水揚げを誇る那智勝浦町の勝浦漁港に、町中の観光や地元特産品販売の拠点となる施設…

レポート

  1. 01
    海上保安の日 施設見学会
  2. goro
PAGE TOP