レポート

地域のブランド水産物の販売開始

01

和歌山県内の6つの漁協が、浜から直送する鮮魚を
ブランド化して販売する取り組みが
岩出市の産直市場などで始まりました。

和歌山市と海南市の6つの漁協等で構成される
和海(わかい)地区広域水産業再生委員会は、
地域で獲れる水揚げされたばかりの新鮮な海産物を
「和海(わかい)もん」と名前を付けてブランド化し
消費者に直接届けるという取り組みを始めました。

販売初日なった今日
岩出市の産直市場「よってって」には、今が旬の、カマスやイカ、
カレイやナマコ7などおよそ40種類の魚介類が並び
買い物客は、早速、試食して「和海もん」ブランドの味を確かめていました。

産直市場「よってって」では、
今後、取扱い店舗を増やすなど、販路を拡大する予定だと言うことです。

地域のブランド水産物の販売開始

地域のブランド水産物の販売開始

イベント名地域のブランド水産物の販売開始
  • 「地域のブランド水産物の販売開始」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://wakayama.uminohi.jp/widget/article/?p=798" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://wakayama.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 和歌山県</a></iframe><script src="https://wakayama.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. Still0409_00018
  2. Still0409_00013
  3. Still0409_00010
  4. Still0409_00006
  5. Still0409_00002
  6. Still0330_00000

Pickup

  1. Still0409_00018
    アオリイカ産卵床設置

    アオリイカの産卵場所を確保しダイビングスポットとしても楽しんでもらおうと串本町で4月7日、地元のダイ…

  2. Still0409_00013
    疫病退散にマンボウ木版画

    江戸時代に疫病の終息を願って作られたとみられる魚のマンボウをモチーフとした木版画が、和歌山市立博物館…

  3. Still0409_00010
    南紀白浜観光協会発足

    白浜町の観光振興を目的に、今月1日付けで一般社団法人南紀白浜観光協会が発足し、5日、1回目の理事会が…

  4. Still0409_00006
    おっとっと広場リニューアル

    和歌山市の和歌浦漁港で新鮮な魚や丼などの食事を提供する施設「おっとっと広場」が4月3日、リニューアル…

  5. Still0409_00002
    くじらの博物館飼育動物供養祭

    クジラの町、太地町の町立くじらの博物館で4月2日、飼育中に死んだ動物を弔う供養祭が営まれました。…

レポート

  1. Still0409_00018
    アオリイカ産卵床設置
  2. Still0409_00013
    疫病退散にマンボウ木版画
海と日本PROJECT in 和歌山県
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://wakayama.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://wakayama.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 和歌山県</a></iframe><script src="https://wakayama.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP