レポート

日本記録のクロカジキ魚拓取り

01

今年7月に串本町で開催された「JGFAビルフィッシュトーナメントin串本」で釣り上げられ、
日本記録に登録されたクロカジキの魚拓をとる作業が19日、串本町で行われました。

このクロカジキは体長4メートル12センチ、重さ361.2キロの大物です。

魚拓をとる作業は、地元の串本町和深出身で魚拓グループ游水の代表を務める
谷口岬人さんら4人が串本町の漁港で行いました。

日本記録のクロカジキは、
大阪から参加した長谷川達智さんが代表を務めるチーム「天晴」の船に乗り込んだ地元の杉本光作さんが、
串本沖でおよそ4時間半の格闘の末、釣りあげました。

東京に本部を置くジャパンゲームフィッシュ協会はこのクロカジキを審査した結果、
平成18年5月に沖縄県与那国島沖で釣られた326キロの記録を上回り、
今月9日に日本記録と認定しました。

魚拓は、7色のアクリル絵の具を使い生き生きとした姿が表現されていて、
およそ1時間半かけて完成しました。

日本記録のクロカジキ魚拓取り

日本記録のクロカジキ魚拓取り

関連リンク

  1. 013
  2. 01
  3. 01
  4. goro
  5. 01
  6. gro

Pickup

  1. 01
    海の伝統! 串本大島 水門祭(みなとまつり)

    本州最南端のまち串本町。 その景勝地のひとつ奇岩、橋杭岩の沖に浮かぶのが大島。 ここで毎年2月に行わ…

  2. 01
    黒潮の大蛇行と低水温 ~世界北限域のサンゴの今後~

    和歌山県の南部、田辺市や白浜町、みなべ町一帯の海はサンゴ群集の世界北限域の海。 しかし黒潮の大蛇行と…

  3. 013
    保育園のお遊戯会で園児たちが「うみダンス」を披露

    くるみ保育園(海南市)で7月に踊ってもらった「うみダンス」ですが、引き続き、11月のお遊戯会の演目で…

  4. 01
    『恋する灯台』串本町の2灯台を認定

    恋する灯台プロジェクトは灯台の持つ歴史的な価値や観光資源としての可能性を見直し、カップルなど多く…

  5. 01
    海のお仕事図鑑in和歌山県

    海に関する仕事を通じて、子ども達に海の魅力を知ってもうらおうと開催された催し。小学生10人が…

 
PAGE TOP