レポート

高校総体ヨット競技開会式

01

和歌山県で平成27年から10年間の固定開催が決まっている
全国高校総体インターハイのヨット競技の開会式が、12日、和歌山市で行われました。

和歌山市毛見の和歌山セーリングセンターで行われた開会式には、
参加66校の出場選手334人と関係者らが出席、
大会委員長を務める全国高校体育連盟ヨット専門部の岡嶋佳治部長が、
「持てる力を十分に発揮し、楽しかったといえる大会にして下さい」と挨拶しました。

続いて、開催地の高校生を代表して、県立和歌山工業高校ヨット部の大竹慎勇主将が、
「同世代の友情の絆を深めましょう」と呼びかけました。

平成30年度全国高校総体、「2018彩る感動 東海総体」は
三重県を中心とする東海4県で開催されますが、ヨット競技については
平成27年から10年間、和歌山県で固定開催されます。

大会は、個人競技のレーザーラジアル級や、二人一組の420級など、
男女合わせて6つの種目13日から16日まで行われ和歌山県からは11人の選手が出場します。

高校総体ヨット競技開会式

高校総体ヨット競技開会式

関連リンク

  1. 013
  2. 01
  3. 01
  4. goro
  5. 01
  6. gro

Pickup

  1. 01
    海の伝統! 串本大島 水門祭(みなとまつり)

    本州最南端のまち串本町。 その景勝地のひとつ奇岩、橋杭岩の沖に浮かぶのが大島。 ここで毎年2月に行わ…

  2. 01
    黒潮の大蛇行と低水温 ~世界北限域のサンゴの今後~

    和歌山県の南部、田辺市や白浜町、みなべ町一帯の海はサンゴ群集の世界北限域の海。 しかし黒潮の大蛇行と…

  3. 013
    保育園のお遊戯会で園児たちが「うみダンス」を披露

    くるみ保育園(海南市)で7月に踊ってもらった「うみダンス」ですが、引き続き、11月のお遊戯会の演目で…

  4. 01
    『恋する灯台』串本町の2灯台を認定

    恋する灯台プロジェクトは灯台の持つ歴史的な価値や観光資源としての可能性を見直し、カップルなど多く…

  5. 01
    海のお仕事図鑑in和歌山県

    海に関する仕事を通じて、子ども達に海の魅力を知ってもうらおうと開催された催し。小学生10人が…

 
PAGE TOP