レポート

高校総体ヨット競技開会式

01

和歌山県で平成27年から10年間の固定開催が決まっている
全国高校総体インターハイのヨット競技の開会式が、12日、和歌山市で行われました。

和歌山市毛見の和歌山セーリングセンターで行われた開会式には、
参加66校の出場選手334人と関係者らが出席、
大会委員長を務める全国高校体育連盟ヨット専門部の岡嶋佳治部長が、
「持てる力を十分に発揮し、楽しかったといえる大会にして下さい」と挨拶しました。

続いて、開催地の高校生を代表して、県立和歌山工業高校ヨット部の大竹慎勇主将が、
「同世代の友情の絆を深めましょう」と呼びかけました。

平成30年度全国高校総体、「2018彩る感動 東海総体」は
三重県を中心とする東海4県で開催されますが、ヨット競技については
平成27年から10年間、和歌山県で固定開催されます。

大会は、個人競技のレーザーラジアル級や、二人一組の420級など、
男女合わせて6つの種目13日から16日まで行われ和歌山県からは11人の選手が出場します。

高校総体ヨット競技開会式

高校総体ヨット競技開会式

  • +1
  • 「高校総体ヨット競技開会式」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://wakayama.uminohi.jp/widget/article/?p=1257" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://wakayama.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 和歌山県</a></iframe><script src="https://wakayama.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. 19062301
  2. 19061901
  3. 19061701
  4. 190613gr
  5. 19061204
  6. 19060501

Pickup

  1. 01
    海ごみゼロ国際シンポジウム

    東京で海ごみゼロ国際シンポジウムが開催され、 まず原田義昭環境大臣は「プラスチック資源循環戦略に基づ…

  2. ニュースサイト
    海を学び未来に伝える2019~わかやま海守り隊~

    たくさんの観光客がおとずれる瀬戸内海国立公園・友ヶ島。そんな友ヶ島でいま課題となっている”海洋ごみ”…

  3. 19062301
    扇ヶ浜海水浴場でビーチクリーン

    6月23日、田辺市の扇ヶ浜海水浴場で、自動車メーカーのホンダが開発した「ビーチクリーナー」を使った砂…

  4. 19061901
    不法投棄海上パトロール

    海岸近くへの ゴミの不法投棄を防止するための、海上からの監視パトロールが、6月19日、紀北地方の沿岸…

  5. 19061701
    消防と海保が合同潜水訓練

    本格的なマリンレジャーシーズンを前に、水難事故に備えた消防と海上保安部の合同訓練が、6月17日、和歌…

アーカイブ

  1. 2019年
  2. 2018年
  3. 2017年

レポート

  1. 19062301
  2. 19061901
    不法投棄海上パトロール
 
海と日本PROJECT in 和歌山県
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://wakayama.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://wakayama.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 和歌山県</a></iframe><script src="https://wakayama.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP