レポート

砂浜クリーンアップ活動

01

砂浜でのごみ拾いを通じてマナーの向上を図ろうと、和歌山市の加太海水浴場で、「砂浜クリーンアップ活動」が行われました。

この砂浜清掃は、JT日本たばこ産業和歌山支店が初めて企画し、和歌山支店と岸和田支店の社員らあわせて14人が参加しました。
海水浴場の潮の満ち引きがある場所の漂着ゴミを拾い集め、分類分けしてどの様な素材のゴミが多いのかを確認しました。
参加者はゴミ袋とトングを手に汗を流しながら、漁で使用する網や、ルアーなど釣り具などの漂着ゴミをおよそ1時間かけて拾い集めました。

清掃終了後実施したゴミの詳しい分類の結果、プラスチックごみが最も多く、次いで布や紙、漁具等の人工物、缶やビンといった生活する上で発生するごみが多く捨てられていることがわかりました。参加者からは「やはりプラスチックのごみが多い」「3Rの徹底やポイ捨て防止などのマナー向上活動の重要性を再実感した」といった声が聞かれました。

また、日本たばこ産業和歌山支店の大野大輔支店長は、「この活動を今後は岸和田、堺など大阪府南部のブロック活動として広げて、将来的にはゴミの有効活用にもつなげていければ」と話していました。

砂浜クリーンアップ活動

砂浜クリーンアップ活動

  • 「砂浜クリーンアップ活動」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://wakayama.uminohi.jp/widget/article/?p=1857" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://wakayama.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 和歌山県</a></iframe><script src="https://wakayama.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. 01
  2. 05
  3. 190817gro
  4. 19081701
  5. 04
  6. 02

Pickup

  1. 00
    アサリと牡蠣の地域ブランド化をめざして~和歌浦漁協の取り…

    和歌山市和歌浦にある干潟片男波は、昔から天然アサリの生息地として知られた場所。 しかしアカエイなどに…

  2. 01
    全国灯台文化価値創造フォーラム

    東京で全国灯台文化価値創造フォーラムが開催されました。これは海の航路の安全を守る灯台が 技術の発達に…

  3. 01
    海の大切さを伝えるイベント ~人と海は継承なり~

    国の名勝に指定されている白浜町の円月島。その近くの海で子供たちが海の大切さを学ぶ催しが行われまし…

  4. 01
    保育園のおゆうぎ会で「レッツ!うみダンス」

    海南市にある「くるみ保育園」のおゆうぎ会で「うみダンス」が披露されました。子供達に海の大切さを知って…

  5. 01
    海底無人探査技術の開発が国際コンペで優勝

    日本財団が海底地形の解明をめざす取り組みを展開する中 GEBCO(ジェブコ)日本財団 アルムナイチー…

アーカイブ

  1. 2020年
  2. 2019年
  3. 2018年
  4. 2017年

イベント

  1. サイトトップ
  2. 01
    白浜で熊野水軍埋蔵金探し
海と日本PROJECT in 和歌山県
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://wakayama.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://wakayama.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 和歌山県</a></iframe><script src="https://wakayama.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP