menu

マリンチャレンジプログラム関西大会

海が大好き! テレビ和歌山のゆるキャラ、栄谷五郎(さかえだに ごろう)だよ!!
今日は、海の環境保全に役立つ研究をしている和歌山の高校生をご紹介します。

和歌山県御坊市にある和歌山工業高等専門学校。
この学校の2年生、中嶋夢生さんと宮坂萌々香さんの2人が
マリンプロジェクトプログラム関西大会に出場したんだ。

マリンチャレンジプログラムは
海洋分野の課題の解決に向けた研究に挑戦している中高生が、
自分たちの研究の成果を発表するもので、日本財団が研究に挑戦する中高生を支援していて
今年度も全国60のチームに研究資金の助成やアドバイザーによるサポートを行っています。

和歌山高専の研究は、国の名勝にも指定されている白浜町の「円月島」の侵食や崩落を
従来のセメントではなく微生物の力を利用する「バイオセメンテーション技術」を活用し
修復をめざすというもの。

大阪市のATCホールで開かれた関西地区の研究成果発表会では、
中嶋さんと宮坂さんの2人が「円月島の微生物や砂を用い、微生物の力で固めて元の場所に戻すため、
海洋環境に優しい保全技術」をPRし、研究を更に進める決意を新たにしていました。

この大会は、全国大会の選考会にもなっていて和歌山高専は全国大会への出場が決定しました。
おめでとう!全国大会でも頑張ってね!!

マリンチャレンジプログラム関西大会

マリンチャレンジプログラム関西大会

イベント名マリンチャレンジプログラム関西大会
PAGE TOP