レポート

大地震を想定し、海上保安部と消防が合同で放水訓練

01

近い将来、発生が予想される
南海トラフ巨大地震などの大規模な災害を想定し
9月11日、田辺海上保安部と田辺市消防本部が連携して
初めて放水訓練を行いました。

田辺市文里の桟橋で行われた訓練には
巡視船の乗組員と田辺消防本部の消防隊員、
合わせておよそ50人が参加しました。

訓練は、大規模地震により
市街地で火災が発生したものの
消火栓が使えなくなり、
消火活動ができないという想定で行われ、
巡視船「みなべ」と「こうや」のポンプで汲み上げた海水を使い、
消防隊員がホースをおよそ400メートルつないで放水しました。

組織の連携のあり方や放水の手順を確認、
災害時の対応能力の向上などが訓練の目的で
現場では、ひとつひとつの動作や消火活動への問題点を
確認しながら、遠距離での放水活動が続けられましたが
大きなトラブルも無く訓練は終了しました。

大地震を想定し、海上保安部と消防が合同で放水訓練

大地震を想定し、海上保安部と消防が合同で放水訓練

イベント名大地震を想定し、海上保安部と消防が合同で放水訓練

関連リンク

  1. goro
  2. 01
  3. goro
  4. 01
  5. 01
  6. 01

Pickup

  1. サイトトップ
    さばける塾in和歌山県

    “魚をさばく”という行為は、自らの手でその命に触れ、海の恩恵に想いを馳せる、 日本古来の技法であ…

  2. 04
    マリンチャレンジプログラム全国大会で和高専が入賞

    マリンチャレンジプログラムは、 海の課題解決に向けた研究に取り組む中高生を支援するもので、 …

  3. 01
    和歌浦漁業協同組合 横田邦雄副組合長に聞く

    万葉歌に詠まれた景勝地、日本遺産にも登録されている和歌の浦の海。 この海をベースに活動する和歌浦漁業…

  4. 01
    春を呼ぶ祭り 串本町 水門(みなと)祭

    紀南地方に春を呼ぶ「水門祭(みなとまつり)」が10日、串本町の大島で行われ、若者らが繰り広げる勇壮な…

  5. goro
    紀州日高の天然クエ鍋がグランプリ獲得

    テレビ和歌山のゆるキャラ「栄谷(さかえだに)五郎」です。今日は、とってもおめでたい話題をご紹介します…

イベント

  1. サイトトップ
    さばける塾in和歌山県
  2. 01
PAGE TOP