menu

子ども達の作った海の和歌を神社に奉納

海が大好き。テレビ和歌山のゆるキャラ栄谷五郎だよ!
今日は、子ども達が頑張って作った和歌の作品が
和歌の神様の神社に奉納された話題を紹介します。

テレビ和歌山では、日本遺産にも認定された「絶景の宝庫・和歌の浦」の
美しさを、未来を担う子ども達に感じてもらおうと
日本財団が進める「海と日本プロジェクト」の取り組みとして、
和歌浦で和歌を作るイベントを11月に開催しました。
イベントには、県内の小学1年生から高校1年生までの男女26人が参加して
それぞれが感じた「和歌浦の魅力」や「海の大切さ」を詠んだ29首が完成し
この日、和歌の神様、衣通姫尊を祀る玉津島神社に奉納されたんだ。

神社の権禰宜の遠北喜美代さんは「和歌を作ることで地域を知り、
和歌浦の良さを再認識してもらえれば」と話していました。
奉納された和歌は、境内に掲示されているんだよ。見に来てね!!

子ども達の作った海の和歌を神社に奉納

子ども達の作った海の和歌を神社に奉納

イベント名子ども達の作った海の和歌を神社に奉納
PAGE TOP