レポート

小学生がヒラメの稚魚を放流

Still0623_00000

那智勝浦町の那智湾で、6月23日、
地元の小学生がヒラメの稚魚を放流しました。

那智勝浦町は栽培漁業の拡大を図るため、
紀州勝浦漁業協同組合に委託してヒラメの稚魚を育成しています。

今日は町立勝浦小学校の1年生46人が那智湾に放流しました。
この放流会は、子どもたちの魚への関心を高めようと
平成8年から続けられています。

小学生たちは、ペットボトルで作った容器に
ヒラメの稚魚を入れつぎづきと海に放流しました。
稚魚は、2年で40センチ程度に育つと言うことです。

小学生がヒラメの稚魚を放流

小学生がヒラメの稚魚を放流

イベント名小学生がヒラメの稚魚を放流

Pickup

  1. 01
    和歌浦漁業協同組合 横田邦雄副組合長に聞く

    万葉歌に詠まれた景勝地、日本遺産にも登録されている和歌の浦の海。 この海をベースに活動する和歌浦漁業…

  2. 01
    春を呼ぶ祭り 串本町 水門(みなと)祭

    紀南地方に春を呼ぶ「水門祭(みなとまつり)」が10日、串本町の大島で行われ、若者らが繰り広げる勇壮な…

  3. goro
    紀州日高の天然クエ鍋がグランプリ獲得

    テレビ和歌山のゆるキャラ「栄谷(さかえだに)五郎」です。今日は、とってもおめでたい話題をご紹介します…

  4. 01
    古式捕鯨とジオパーク 日本遺産「鯨とともに生きる」モニタ…

    平成28年に認定された日本遺産「鯨とともに生きる」のストーリーや場所を知ってもらおうというモニターツ…

  5. 01
    海を活かした観光振興 白浜観光協会 津多定副会長に聞く

    年間350万人の観光客を集める和歌山県白浜町。 万葉の昔からの歴史がある白浜温泉とともに人気なのが …

イベント

  1. 01
  2. 01
    まぐろ祭り
PAGE TOP