レポート

県立自然博物館で話題の魚標本を展示

01

海南市船尾の県立自然博物館で公開されたのは
深海魚のリュウグウノツカイと、
新種として記載されたトサヒメコダイの標本です。

リュウグウノツカイは全長がおよそ50センチ、
今年1月、御坊市沖の
水深70メートルから80メートルの海底で
漁師の底引き網にかかりました。
リユウグウノツカイはこれまで、県内では3例、
4個体が報告されていましたが、
いずれもイラストや写真で標本は初めてです。

一方、トサヒメコダイは全長およそ6・6センチで
平成22年6月由良町白崎沖で捕獲されました。
当初はホシヒメコダイと考えられていましたが
去年、新種と判りトサヒメコダイという名前がつきました。

県立自然博物館で話題の魚標本を展示

県立自然博物館で話題の魚標本を展示

関連リンク

  1. 01
  2. 01
  3. 01
  4. 01
  5. 01
  6. goro

Pickup

  1. 01
    海を学び未来に伝える2018~わかやま海守り隊~

    和歌山県住みます芸人・わんだーらんどと一緒に“日本遺産・和歌浦”のいにしえから現代に至る海の歴史を学…

  2. 01
    #04【Youtube動画公開】ナショナルトラスト発祥の…

    【ナショナルトラスト発祥の地「天神崎自然観察会」】Youtube動画を公開しましたh…

  3. 01
    #03【Youtube動画公開】海辺の活用 和歌の夜市

    【海辺の活用 和歌の夜市】Youtube動画を公開しましたhttps://youtu…

  4. 01
    #02【Youtube動画公開】和歌山県で第1回全国カツ…

    【和歌山県で第1回全国カツオまつりサミット開催】Youtube動画を公開しましたht…

  5. 01
    #01【Youtube動画公開】マリンチャレンジプログラ…

    【マリンチャレンジプログラム全国大会で和高専が入賞】Youtube動画を公開しました…

PAGE TOP