お知らせ

応募者募集!「海ごみゼロアワード」

01

深刻化する海ごみ問題・・・あなたはどういった対策をとっていますか?

環境省と日本財団の共同事業である「海ごみゼロアワード」では、個人、企業・団体、地方自治体等で海ごみ対策に関して取り組んでいることを募集しています!
全国から優れたモデルとなるような取り組みを募集・選定し、2019年6月に開催予定の「海ごみゼロシンポジウム」での表彰を予定しており、ますます深刻化する海洋ごみ対策の”日本の取り組み”として国内外に発信します!

 

募集する部門は3つ。

①アクション部門

海洋ごみ問題に対して、効果的な活動を継続的・発展的に展開し、かつその功績が顕著であると認められる実践的活動や普及啓発等の取り組み

②イノベーション部門

海洋ごみの円滑な処理及び発生抑制において、革新的かつその功績が顕著であると認められる技術開発等の取り組み

③アイディア部門

海洋ごみ問題をこれまでにない視点から解決しうる、既存の枠にとらわれない将来に向けた広がりが期待される萌芽的な取り組みや着想

応募期間は4月10日(水)17:00まで!
応募方法等、詳細は下記のページからご覧ください。
https://uminohi.jp/umigomizero_award2019/

関連リンク

  1. 02
  2. 02
  3. 03
  4. 04
  5. 02
  6. 01

Pickup

  1. 01
    応募者募集!「海ごみゼロアワード」

    深刻化する海ごみ問題・・・あなたはどういった対策をとっていますか? 環境省と日本財団の共同事業である…

  2. 01
    海の伝統! 串本大島 水門祭(みなとまつり)

    本州最南端のまち串本町。 その景勝地のひとつ奇岩、橋杭岩の沖に浮かぶのが大島。 ここで毎年2月に行わ…

  3. 01
    黒潮の大蛇行と低水温 ~世界北限域のサンゴの今後~

    和歌山県の南部、田辺市や白浜町、みなべ町一帯の海はサンゴ群集の世界北限域の海。 しかし黒潮の大蛇行と…

  4. 013
    保育園のお遊戯会で園児たちが「うみダンス」を披露

    くるみ保育園(海南市)で7月に踊ってもらった「うみダンス」ですが、引き続き、11月のお遊戯会の演目で…

  5. 01
    『恋する灯台』串本町の2灯台を認定

    恋する灯台プロジェクトは灯台の持つ歴史的な価値や観光資源としての可能性を見直し、カップルなど多く…

 
PAGE TOP