番組情報

海の日リポートin和歌山県

03

海の恩恵に感謝し、海洋国日本の繁栄を願うことを目的に
平成8年にはじめられた国民の祝日「海の日」。
和歌山県内では、今年も海の日の7月16日を中心に様々な催しが行われ、
海運や港湾事業のほか、海難事故の防止などに功績があった
個人や企業、団体を称える海事功労者表彰の表彰式が行われたほか
66回目を数える「港まつり花火大会」が開催され
今年もおよそ3万人の人で賑わいました。
  
また、海と日本プロジェクトの海の日全国一斉アクション
「海でつながるゴミ拾い」が繰り広げられ
参加した人達は「和歌山と言えばきれいな海。
県内外の人たちに和歌山の海を楽しんでもらえる一助になれば」
と話し、ゴミ拾いに精を出していました。

【Youtube】動画を公開しました【コチラをクリック】
放送日 8月7日(火) 18:00~18:55
番組名 「6時のわかやま」内

Twitter ●Facebook ●Instagram

海の日リポートin和歌山県

海の日リポートin和歌山県

関連リンク

  1. 01
  2. 01
  3. 01
  4. 01
  5. 01
  6. 01

Pickup

  1. 01
    海の伝統! 串本大島 水門祭(みなとまつり)

    本州最南端のまち串本町。 その景勝地のひとつ奇岩、橋杭岩の沖に浮かぶのが大島。 ここで毎年2月に行わ…

  2. 01
    黒潮の大蛇行と低水温 ~世界北限域のサンゴの今後~

    和歌山県の南部、田辺市や白浜町、みなべ町一帯の海はサンゴ群集の世界北限域の海。 しかし黒潮の大蛇行と…

  3. 013
    保育園のお遊戯会で園児たちが「うみダンス」を披露

    くるみ保育園(海南市)で7月に踊ってもらった「うみダンス」ですが、引き続き、11月のお遊戯会の演目で…

  4. 01
    『恋する灯台』串本町の2灯台を認定

    恋する灯台プロジェクトは灯台の持つ歴史的な価値や観光資源としての可能性を見直し、カップルなど多く…

  5. 01
    海のお仕事図鑑in和歌山県

    海に関する仕事を通じて、子ども達に海の魅力を知ってもうらおうと開催された催し。小学生10人が…

 
PAGE TOP