レポート

こども園で津波避難訓練

gro

9月1日の「防災の日」を前に、
和歌山市のむつみこども園で、津波を想定した避難訓練が行われたんだよ。

和歌山市砂山南のむつみこども園は、
定期的に地震や津波を想定した避難訓練を行っていて、
この日は、乳児から年長クラスまで108人の園児が訓練に参加しました。

園児たちは、頭に防災頭巾をかぶり先生の指示に従い、
「津波避難ビル」に指定されている和歌山合同宿舎の屋上を目指しました。

年長クラスの子どもたちは自分で歩いて、乳児や小さな子どもたちは避難用のカートで、
10分ほどで全員避難できたんだ。
定期的な訓練の成果で避難にかかる時間は年々短くなっているんだよ。

こども園で津波避難訓練

こども園で津波避難訓練

関連リンク

  1. 013
  2. 01
  3. 01
  4. goro
  5. 01
  6. 01

Pickup

  1. 01
    海の伝統! 串本大島 水門祭(みなとまつり)

    本州最南端のまち串本町。 その景勝地のひとつ奇岩、橋杭岩の沖に浮かぶのが大島。 ここで毎年2月に行わ…

  2. 01
    黒潮の大蛇行と低水温 ~世界北限域のサンゴの今後~

    和歌山県の南部、田辺市や白浜町、みなべ町一帯の海はサンゴ群集の世界北限域の海。 しかし黒潮の大蛇行と…

  3. 013
    保育園のお遊戯会で園児たちが「うみダンス」を披露

    くるみ保育園(海南市)で7月に踊ってもらった「うみダンス」ですが、引き続き、11月のお遊戯会の演目で…

  4. 01
    『恋する灯台』串本町の2灯台を認定

    恋する灯台プロジェクトは灯台の持つ歴史的な価値や観光資源としての可能性を見直し、カップルなど多く…

  5. 01
    海のお仕事図鑑in和歌山県

    海に関する仕事を通じて、子ども達に海の魅力を知ってもうらおうと開催された催し。小学生10人が…

 
PAGE TOP