レポート

トルコの駐日大使が串本町訪問

01

串本町と友好関係にあるトルコ共和国のハサン・ムラット・メルジャン駐日大使らが7月9日、
串本町を訪れ、県立高校で講演するなど交流を深めました。

串本町を訪れたのはトルコ共和国のハサン・ムラット・メルジャン駐日大使です。
メルジャン大使は、県立串本古座高校を訪れ体育館に集まったおよそ250人の全校生徒を前に
「ヨーロッパとアジアが交差する異文化の接点」と題し講演しました。

この中で、メルジャン大使は、親善訪日使節団として日本を訪れたトルコ軍艦エルトゥールル号が
1890年に紀伊大島沖で遭難した歴史や串本町とトルコとの友好の関係について説明したほか、
トルコの都市、イスタンブールの歴史地区や世界遺産のヒエラポリス遺跡、カッパドキアを紹介しました。

串本古座高校は去年トルコのイスタンブール高校と姉妹校の提携を結んでいて、
講演終了後、生徒会長の伊藤安美さんがトルコ語でお礼の挨拶を行いました。
メルジャン大使は「トルコと日本の友好の歴史を伝えることが使命であり、
県内の高校でも講演ができればと」と話していました。

トルコの駐日大使が串本町訪問

トルコの駐日大使が串本町訪問

  • 「トルコの駐日大使が串本町訪問」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://wakayama.uminohi.jp/widget/article/?p=1140" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://wakayama.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 和歌山県</a></iframe><script src="https://wakayama.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. 01
  2. 和歌山県-A23-海プロとコラボ とれとれ真鯛鍋 日本財団 海と日本プロジェクトin和歌山県 2022 #23.mp4.00_02_24_22.静止画008
  3. 1017_巡視船ヘリ訓練03
  4. 1008_磯の浦マーケット03
  5. 1008_RORO船01
  6. 1006_子ども海かいぎ01

Pickup

  1. 01
    海プロと老舗店の梅干しがコラボ 和歌山らしい人気の商品

    創業80年の歴史を持つ老舗「熊平の梅」。昭和16年にみなべ町に創立し、こだわりの伝統製法で梅干しを製…

  2. 和歌山県-A24-s01
    海プロコラボ商品 熊平の梅

    みなべ町にある井上梅干食品株式会社。 熊平の梅として知られるこの会社は、昭和16年創立と80年以上の…

  3. 和歌山県-A23-海プロとコラボ とれとれ真鯛鍋 日本財団 海と日本プロジェクトin和歌山県 2022 #23.mp4.00_02_24_22.静止画008
    海の大切さを伝える とれとれ市場が海プロとコラボ

    西日本最大級の海鮮マーケット「とれとれ市場南紀白浜」が、海の大切さを情報発信していこうと企画した海と…

  4. 和歌山県-A23-s03
    海プロとコラボ とれとれ真鯛鍋

    白浜町にある「とれとれ市場南紀白浜」。 西日本最大級の海鮮マーケットです。 地元の堅田漁業協…

  5. 和歌山県-A22-s01
    日本さばける塾in和歌山県2022

    さばける塾は魚の調理を通じて海の魅力や大切さを知ってもらおうと全国各地で展開されている催しで今年は小…

番組情報

  1. 和歌山県-A24-s01
  2. 和歌山県-A23-s03
海と日本PROJECT in 和歌山県
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://wakayama.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://wakayama.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 和歌山県</a></iframe><script src="https://wakayama.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP