レポート

リフレッシュ瀬戸内 清掃活動

Still0619_00038

海開きを前に、和歌山市の加太海水浴場では、
地元の自治会やボランティアが海岸の清掃をしました。

この活動は、瀬戸内海に面する107市町村と11府県で構成する
「瀬戸内・海の路ネットワーク推進協議会」が行う
「リフレッシュ瀬戸内事業」のひとつとして毎年行われています。

今日はおよそ200人が参加して
海水浴場では、海草や流木など漂着ゴミを、
また堤防の県道沿いでは投棄ゴミや雑草を
火箸とゴミ袋を手に取り除きました。

加太海水浴場は、毎年およそ30万人の海水浴客が訪れるということで、
参加した男性は「きれいな海岸で夏の加太を楽しんでもらえれば」
と話していました。

なお「リフレッシュ瀬戸内事業」は今年25年目を迎え、
各地のおよそ300ヵ所で清掃活動が行われていて
これまでに延べおよそ190万人が参加し、
13000トンのゴミが回収されています。

リフレッシュ瀬戸内 清掃活動

リフレッシュ瀬戸内 清掃活動

イベント名リフレッシュ瀬戸内 清掃活動

関連リンク

  1. 01
  2. goro
  3. 01
  4. 01
  5. 01
  6. 01

Pickup

  1. 01
    #06【Youtube動画公開】海の安全を守る!ライフセ…

    【ナショナルトラスト発祥の地「天神崎自然観察会」】Youtube動画を公開しましたhttps:/…

  2. 04
    #05【Youtube動画公開】さばける塾in和歌山県

    【ナショナルトラスト発祥の地「天神崎自然観察会」】Youtube動画を公開しましたhttps:/…

  3. ポスター
    海のPRコンテスト「うみぽすグランプリ2018」

    たのしいポスターで「海おこし」&「町おこし」  うみぽすは、地元の海に人を集めることを目的にした全員…

  4. 01
    海の安全を守る!ライフセーバー ベーシック講習会

    和歌山市の海水浴場で、 大阪ライフセービングクラブの主催する講習会が開かれました。 この講習会はライ…

  5. 01
    勝浦漁港に「にぎわい市場」完成

    日本有数の生鮮マグロの水揚げを誇る那智勝浦町の勝浦漁港に、町中の観光や地元特産品販売の拠点となる施設…

レポート

  1. 01
    海上保安の日 施設見学会
  2. goro
PAGE TOP