レポート

反捕鯨活動監視の臨時交番を開設

01

太地町で9月1日から小型捕鯨類の追い込み漁が始まるのを前に、
県警は21日、反捕鯨団体の活動を監視する臨時交番を設置しました。

臨時交番は9月1日から始まる小型捕鯨類の追い込み漁に反対する団体の活動警戒と抑止を目的に
平成23年から毎年この時期に設置されています。

県警によりますと去年は8月末から3月上旬まで間に、約50人の反捕鯨活動家とみられる人が太地町に入り、
また、去年10月には活動家とみられる外国人が
白浜町のアドベンチャーワールドでイルカショーのプールに飛び込み妨害する事案が発生しています。

太地町臨時交番には、毎日7人から8人の警察官を配置し、
来年3月末まで24時間体制で反捕鯨団体を監視します。

反捕鯨活動監視の臨時交番を開設

反捕鯨活動監視の臨時交番を開設

関連リンク

  1. 013
  2. 01
  3. 01
  4. goro
  5. 01
  6. gro

Pickup

  1. 01
    海の伝統! 串本大島 水門祭(みなとまつり)

    本州最南端のまち串本町。 その景勝地のひとつ奇岩、橋杭岩の沖に浮かぶのが大島。 ここで毎年2月に行わ…

  2. 01
    黒潮の大蛇行と低水温 ~世界北限域のサンゴの今後~

    和歌山県の南部、田辺市や白浜町、みなべ町一帯の海はサンゴ群集の世界北限域の海。 しかし黒潮の大蛇行と…

  3. 013
    保育園のお遊戯会で園児たちが「うみダンス」を披露

    くるみ保育園(海南市)で7月に踊ってもらった「うみダンス」ですが、引き続き、11月のお遊戯会の演目で…

  4. 01
    『恋する灯台』串本町の2灯台を認定

    恋する灯台プロジェクトは灯台の持つ歴史的な価値や観光資源としての可能性を見直し、カップルなど多く…

  5. 01
    海のお仕事図鑑in和歌山県

    海に関する仕事を通じて、子ども達に海の魅力を知ってもうらおうと開催された催し。小学生10人が…

 
PAGE TOP