レポート

県立自然博物館で話題の魚標本を展示

01

海南市船尾の県立自然博物館で公開されたのは
深海魚のリュウグウノツカイと、
新種として記載されたトサヒメコダイの標本です。

リュウグウノツカイは全長がおよそ50センチ、
今年1月、御坊市沖の
水深70メートルから80メートルの海底で
漁師の底引き網にかかりました。
リユウグウノツカイはこれまで、県内では3例、
4個体が報告されていましたが、
いずれもイラストや写真で標本は初めてです。

一方、トサヒメコダイは全長およそ6・6センチで
平成22年6月由良町白崎沖で捕獲されました。
当初はホシヒメコダイと考えられていましたが
去年、新種と判りトサヒメコダイという名前がつきました。

県立自然博物館で話題の魚標本を展示

県立自然博物館で話題の魚標本を展示

関連リンク

  1. 01
  2. 01
  3. 01
  4. 01
  5. 01
  6. 01

Pickup

  1. メインイメージ
    スイカでおいしく 海辺の熱中症予防!「給スイカステーショ…

    スイカでおいしく海辺の熱中症予防!海水浴中に熱中症になる人が増えています。海では体がぬれていて、じつ…

  2. 03
    海の日リポートin和歌山県

    海の恩恵に感謝し、海洋国日本の繁栄を願うことを目的に平成8年にはじめられた国民の祝日「海の日」。和歌…

  3. 01
    自動車整備組合が浪早ビーチを清掃

    和歌山市や海南市、紀美野町の自動車整備事業者でつくる和歌山地区自動車整備協同組合の青年部会が8月4日…

  4. 01
    河内祭

    国の重要無形民俗文化財に指定されている「河内祭(こうちまつり)」が7月22日、串本町から古座川町…

  5. goro
    港まつり花火大会

    テレビ和歌山のゆるキャラ、海が大好きな栄谷五郎です!!和歌山市の夏の夜空を彩る恒例の「港まつり花…

PAGE TOP