レポート

古代のカメ 巨大ガメ アーケロンの彫刻が登場

01

串本町の串本海中公園に恐竜時代の巨大ウミガメ
アーケロンの実物大の彫刻模型が展示され話題を集めています。

アーケロンは7000万年前の白亜紀後期に生息していた、
全長およそ4メートルの最も大きいとされるカメで
現在のウミガメの祖先にあたるといわれています。

今回、串本海中公園が、田辺市龍神村在住のチェーンソーアーティスト
城所ケイジさんに「アーケロン」の彫刻模型の製作を依頼し
構想からおよそ2年をかけて完成させました。

彫刻模型には樹齢100年を超える紀州産の杉を使っていて
全長3・7メートル幅4・6メートルに精巧に復元しました。

串本海中公園では、このアーケロンをシンボルとして
「アーケロンプロジェクト」を展開していて
現在のウミガメの状況や串本海中公園が行う保全活動の取り組みを紹介しています。

古代のカメ 巨大ガメ アーケロンの彫刻が登場

古代のカメ 巨大ガメ アーケロンの彫刻が登場

イベント名古代のカメ 巨大ガメ アーケロンの彫刻が登場

関連リンク

  1. 01
  2. 01
  3. goro
  4. 01
  5. gro
  6. 01

Pickup

  1. 01
    海のお仕事図鑑in和歌山県

    海に関する仕事を通じて、子ども達に海の魅力を知ってもうらおうと開催された催し。小学生10人が海南市の…

  2. 01
    恋する灯台へ行こう!海と世界の広がりを感じて、灯台で最愛…

    2018 年10 月20 日(土)~ 11 月4 日(日)のキャンペーン期間中に、海と恋する灯台で最…

  3. 01
    「海のお仕事図鑑in和歌山県」開催!

    「海のお仕事図鑑in和歌山県」を開催しました!「海のお仕事図鑑in和歌山県」は、自然博物館・学芸員さ…

  4. 01
    空から見たセーリングの聖地「和歌浦」の魅力

    今年の7月、和歌山市の和歌浦の海で開催されたクルーザーヨットの体験会 「海と日本プロジェクト~和…

  5. 01
    台風被害の片男波海水浴場を清掃

    9月上旬の台風21号で、砂浜に大量のごみが上がるなどの被害を受けた和歌山市の片男波海水浴場で、地域住…

レポート

  1. 01
  2. 01
PAGE TOP