レポート

測量船と「海底局」公開

02

海上保安庁は、紀伊半島沖の海底の地殻の動きを観測する事業を強化するため、新たに観測装置を海底に設置することになり、和歌山市で測量船と観測装置の「海底局」を公開しました。
海上保安庁は巨大地震の発生源と見られている太平洋の南海トラフの周辺で、音波を利用して地殻の変動を観測しています。
今回、観測精度を高めるために、新たに紀伊半島の南南西沖およそ80キロの海底に、音波を発信する「海底局」を設置することになりました。
8月9日、和歌山市の和歌山下津港で、測量船「海洋」と「海底局」が公開され、「海洋」は、和歌山下津港を出港して現場海域で「海底局」の設置作業をしました。
「海底局」は、水深3000メートルの海底に3基設置され、特殊な音波を発信して測量船との正確な距離を計測することで、南海トラフ近くの海底の地殻の動きを年間、数センチの精度で観測できます。

測量船と「海底局」公開

測量船と「海底局」公開

  • 「測量船と「海底局」公開」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://wakayama.uminohi.jp/widget/article/?p=1735" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://wakayama.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 和歌山県</a></iframe><script src="https://wakayama.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. 01
  2. 01
  3. 05
  4. 190817gro
  5. 19081701
  6. 04

Pickup

  1. 00
    アサリと牡蠣の地域ブランド化をめざして~和歌浦漁協の取り…

    和歌山市和歌浦にある干潟片男波は、昔から天然アサリの生息地として知られた場所。 しかしアカエイなどに…

  2. 01
    全国灯台文化価値創造フォーラム

    東京で全国灯台文化価値創造フォーラムが開催されました。これは海の航路の安全を守る灯台が 技術の発達に…

  3. 01
    海の大切さを伝えるイベント ~人と海は継承なり~

    国の名勝に指定されている白浜町の円月島。その近くの海で子供たちが海の大切さを学ぶ催しが行われまし…

  4. 01
    保育園のおゆうぎ会で「レッツ!うみダンス」

    海南市にある「くるみ保育園」のおゆうぎ会で「うみダンス」が披露されました。子供達に海の大切さを知って…

  5. 01
    海底無人探査技術の開発が国際コンペで優勝

    日本財団が海底地形の解明をめざす取り組みを展開する中 GEBCO(ジェブコ)日本財団 アルムナイチー…

アーカイブ

  1. 2020年
  2. 2019年
  3. 2018年
  4. 2017年

イベント

  1. サイトトップ
  2. 01
    白浜で熊野水軍埋蔵金探し
海と日本PROJECT in 和歌山県
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://wakayama.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://wakayama.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 和歌山県</a></iframe><script src="https://wakayama.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP